FC2ブログ

エビチリかんざいパン?!

今日のブランチだ~♪
鶯谷で気になってた「揚げパン」のお店の食事メニュー
美味す❤️

食パンに具材をのせて何かでフタをして揚げてあるのね

チリソースと溶けたチーズのコラボがなかなかそそるのです。

ただ一つ、手で持って食べるには汁っけがギリギリのラインだから

ちょっと食べにくいかなw

でも美味す。

今度は別テイストもためしてみよっと♪

関連記事

剃毛桔梗屋

今週末にある某イベントに初参戦すると決めて色々と準備を始めたハズの11月初旬。
気づいたら…あれ?!今日で11月終わりぢゃん!!!!

って事で月末のせわしない中、突貫工事で【剃毛桔梗屋】のフライヤーをさっき入稿したところでござる。
剃毛桔梗屋デパH01ol
ていうか、某PACさんのオンライン入稿は便利ですね。
pdfうpしたらその場で校正できちゃうのね。
フリー素材に含まれてたRGBカラーモードのパスをその場でCMYKモードに変更してOK出せちゃうとか…
10年前くらいだったら急いでも3時間くらいかかっちゃってた作業が3分で終わるとか何事でしょうかw
本当に技術の進歩はすごいでござるな♪

ま、それはさておきw

剃毛桔梗屋のフライヤーです。
毎月第1土曜日の24時から鶯谷でやる老舗イベントに持って行ってコソコソと配ろうと思ってますw
だって、ほら、ビューティーとフェティッシュっていう剃毛の2大要素がバッチリフィットするイベントでしょ?
剃毛師 桔梗屋雪凛
ここに売り込まないでどーする?って話じゃ無いですかw

とりあえず名刺代わりにフライヤーを…って作戦です。

このフライヤー持ってきたら蘭花でも個人的に雪凛のギャラから1000円キャッシュバックしちゃいますので60分12000円でガチ剃毛しちゃいますのでボディ剃毛体験したい方は会場で雪凛見つけて『チラシくれ!』と気軽に声かけておくんなんし。

、、、とはいうものの、当日の衣装(?)もまだ決まってないのだがど〜すんのよ私w
一応は着物で行きたいとは思ってるんですけれどね。

ま、普通に一般参加なのでそんなに気張る必要は無いのですけれどね〜(汗

てな訳で、イベント行く方は会場でお会いしましょう〜
関連記事

『自信」をつける為には?

雪凛は自信家だよね〜」とよく言われます。
正直な話、内心はいつも不安で四苦八苦してるんですけれど、
「自信家」と見られてるのであれば、それは嬉しい事です。
それは人として『そこそこイイ線』でいられてると実感できるからです。

、、、そんなセリフを吐けるようになったのはつい最近の事なんですけれどねw

「自信」っていうのは何かというと、
「自分の実力を信じてる」という事に他なりません。
「信じてる」から様々な事に対して「実力を発揮する」事ができるし、
仮に不測の事態が起こっても対処できる(という期待が持てる)訳です。
心が安定してる好ましい状態と言えます。

でも「実力を信じる」為の理由に明確な基準がある訳では無いので
なかなかに「自信を持つ」と言うことは難しかったりします。

答から言えば「圧倒的な経験値」を得る事が自信を持つ為の唯一の方法であるのですけれど、
その経験値を個人で実感するのが難しいんですよねぇw

それは「成果」ってヤツを他者から得ないと実感できないからです。

テストとか試合とか売上とか視聴率とかいっぱいありすぎるけれど…
まぁ、そういう類のヤツです。

兎に角

【圧倒的な経験値】+【成果】=【自信】

って言えると思います。

あ、圧倒的な経験値についても注意が必要ですね。
「ダラダラやってただけ」では「圧倒的」とは言えません。

喜怒哀楽と創意工夫が織り込まれてる経験

それが圧倒的な経験値なのがポイントです。


、、、とまぁ本来はそうなのですが、
人生には圧倒的な経験値(長いから以下"圧経値"と書きます)が無いのに成果だけ得られちゃう場合がわりとあって、それで自信つけちゃってるパターンっていうのが多い多いw

かくいう雪凛もほんの1、2年前まではそうでした。

絶好調かと思うとドツボにハマり「じぶんなんて、、、」なんてブツブツ言ってましたよしょっちゅうw

俗にいう「チヤホヤ」ってヤツは「圧経値なき自信」を増長させる最たるものですね。
自力で飛べないのに上空まで持ち上げられるんです。
そりゃ落ちますよね、ドーンとw

どこの業界にもいるでしょう。
…ていうか、誰でも経験あるんじゃないですか?
「若さ」という消耗品を過信して過ごした日々www

「圧経値」っていうのは「若さ」に変わる自分の翼であり飛ぶ為のエネルギーなのです。
逆に言えば本来「若さ」は「圧経値」を得る為の原資なのでしょうね。

大人がその事をちゃんと教えてあげないからアチコチで「若さ」を消耗した人が墜落してますよ、ドーン、ドーンってw

風俗業界?

ああ、そりゃもう盛大に土煙り巻き上げてクレーターできちゃうんじゃないのってくらいの墜落をよく見ますねぇ…(汗



ま、それはさておきw

ちゃんとした圧経値を持ってて得る「成果」って何なのでしょう?
これね、雪凛ずっと「褒められる」って事だと思ってたんですよ。
でもね、違うんです。

注目すべきは「喜ばれる」です。

「凄い」って言葉あるでしょう?
「凄い」と褒められる事はお世辞から本気まで含めて良くある事じゃないですか?

でもこれね、ぶっちゃけお金にならないwww

「凄い」と言ってくれる人の大半は「凄い」という言葉を恵んでくれてるんです。
「凄い」って言って「相手が嬉しがる事が嬉しい」っていう感覚を得てるんですね。
言葉の投げ銭とでも言うんでしょうかw

要するに二者間には感情の等価交換が行われているのでそれ以上の価値交換は生じないモノと思った方が良いです。

前出の「チヤホヤ」で浮き上がっちゃう人はこの原則を解ってないんですよ。
「自分は凄い」って勘違いの原因はそれです。
「凄い」のかもしれませんけれど、その「言葉として与えられた凄さ」はそれ以上の価値を産みませんよ〜
って事です。

こんなのは『成果』ではないのです。ドーン!


本当の成果っていうのは、
笑顔に象徴される「喜びの感情」を引き出した結果の事です。

これはね、お金になります♪

・問題を解決する
・願いが成就する
・非日常を体験する
・新たな扉が開く
etc...

欲求を満たす事が出来ると人はHappyになります。
そしてHappyになる為なら喜んでお金を出すでしょう?

まぁ、解りやすく「お金」と書きましたが、
要するに「価値」を生む事が出来る…それが成果なんですよね。


と、いうわけで。

自信をつける為には…
『褒めてもらう』ではなくて『喜んでもらう』のを基準にして
圧経値を高める事が大事です。

昭和病にムカついたのでもよおしてきたゾ

オッス、おら雪凛!久しぶりだな!
オラ精神と時の部屋で修行してたのでだいぶご無沙汰しちまったぞ。

……………とまぁ

写メ日記以外では随分久しぶりなエントリーとなってしまいました(汗)
9月の終わり頃に人生でもそんなに経験しないであろうことが同日に2つも起こりまして、
その事をキッカケに、なんというか単純に文章が書けなくなってたんですよね。
思案することはバカみたいに増えたんですけれど、ソレはとても散漫としたものなので
ある考えが浮かんできてもその次に浮かんでくる事がその前の考えを否定するものだったりして…
ちっとも考えがまとまらないんです。

その状態は言って見ればそう、、、
思考の便秘ってイメージw

糞詰まりならぬ、考詰まりです。
これが結構気持ち悪い。
ほんとスッキリしない。
でもどうしていいのかわからない。
で、気づいたら1ヶ月経ってたという次第なのでした。

それじゃなんで今日こうして文章書き始めたのかというと…
「もよおしてきた」からですw
(もちろん便意じゃ無いです;)


それはものすごい昭和病の末期患者のお話

とある飲食チェーンのシフトマネージャーをしてるお友達(以下:彼女)の「上司(店長)がとにかくウザくて…」っていう愚痴を聞いてイライラしてきちゃったんです。

どんな内容かというと、彼女がシフトの穴を埋める為のスケジュール調整をバイトさん達にLINEでお願いしてるのを見てその上司が「〇〇くん(彼女の名前)ちょっと…」と神妙な面持ちでこう言ってきたそうです。

「君ね、頼み事をするときは顔を合わせて面と向かってお願いするのが筋ってもんだろ?、それが無理な時は最低でも電話で直接お願いしないとダメだ。誠意が伝わらない」

思わず「うわ、ひどい昭和病だね」と言ったら彼女に「昭和病って何?」って聞かれてしまいましたけどねw

「昭和病」は雪凛の造語でこのブログでも何度か書いてますけれども、
簡単にいうと、「人の時間や能力を奪うのが当然の事だと思ってる心の病」です。
「人件費が安く、技術力が乏しいながらも成長し続けた時代の方法論」という現代とは全く異なった価値観が行動原理に深く結びついていて、それを他人にも強要するという全く迷惑な病人です。
主な症状としては…

・「会う」のが大事
・「連絡」はマメに「電話」するのが大事
・「サービス」とは「無料」の事
・「まじめ」とは美徳でそれは与えられた役目を粛々とこなす事
・「熱意」とはダメモトでも当たって砕ける事
etc…

…とまぁ、枚挙にいとまがないですが、本当に非効率で不確実で生産性が低いことが大好物なんですよ、全く迷惑極まりない。

上記の話を彼女にしたら、
「うわ、ホントそれだわwww」と激しく同意してくれましたw

今の時代、電話や直接会って話すのは基本的に「嬉しい」を「共有」したい時です。
交渉の場合でも、双方がメリットがある場合は「直接」は良いでしょう。
でも上記のような「シフトの依頼」というのは前提としてバイトさん達が前もって提出してあるスケジュールでシフトが埋まらなかった為に希望以外の「時間」を作ってもらう為にするものなので、バイトさん側にはメリットはほぼ無い交渉です。

だからそんな時給も発生しない「シフトの依頼」だったらテキストで完結にまとめて、それこそLINEなどのサービスを使えば「既読」もつくから依頼する方、される方無駄なやりとりをせずに2~3回のやりとりで事が済むので効率的です。

でも前出の昭和病の店長の頭の中では「俺が頼めばNOとは言わせない」というとても迷惑な前提条件が既にあり、直談判で「Yesもしくは前向きな条件を言うまでは話が終わらないぞ」と決めつけているんですよね。

ホント、こう言う輩は

タヒねよ、マジで!!

って思う。
ついでに言えば、この店長は高確率で自分が「愛されキャラ」だと思ってる筈です。
あーウザい!

しかも店長の年齢は42歳って聞いてビックリです。
バブル直後で「バブルの恩恵」ほとんど受けてない世代な筈なのに昭和病とかイタイだけですもんねぇ…

でも実は昭和病患者は世代に関係なく存在していて
ウッカリするとすぐに侵食して来ようとします。

「相手すればするだけ利益が目減りする」相手にしちゃいけない客は全て昭和病拗らせた人ですし、
あと数年で淘汰されてしまうであろうデフレコンパニオンなんかも一見そう見えなくても昭和病キャリアです。

デフレコンパニオンに関しては風俗店、ひいては風俗業界の在り方にも多分に関わることなので事は深刻なので今後のテーマでもありますが、、、長くなるので今日はこの辺で。


ま、とにかく。
思考の便秘からの脱却という事でエントリーしてみました。
いつにも増してかなりの乱文・散文で読みにくかったと思いますが、
リハビリという事でご容赦くださいませ。





関連記事

うぉぉーまたダメだった…が!

今度こそ理由がわかったのだぁぁぁ!
これで、これで全て解決!

不具合が出てなかった(っていうか不具合は某媒体1つだけだったんだけどねw)媒体の皆様にはイミフな写メ日記3連発失礼しました(^^;

今度こそ絶対大丈夫!!!
(フリじゃ無いよ♪)

と、言うことで今日と明日は「Tel確認の日」
ご予約の際は時間に余裕を持って問い合わせて下さいませ。
関連記事
プロフィール

雪凛(ゆきりん)

Author:雪凛(ゆきりん)
東京下町に生まれ育った髪結い三代目(理容師) 独自の美意識と職人意識を併せ持つ理容師であり、女形の剃毛師。 そして男性の秘めたる感覚を目覚めさせ快楽へ導く伝道師でもある。
I was born and grow up in Tokyo. I'm third-generation hairdresser who mix sense of beauty and professionalism. I'm also a shaving master for all body. I'm a preacher who leads people to the joy.

友だち追加





現在の閲覧者数:

Google Translate
Movie
前立腺レッスン 光耶/雪凛 女装美少年 前立腺レッスン 光耶/雪凛
前立腺レッスン 未月/雪凛 女装美少年 前立腺レッスン 未月
前立腺レッスン 晶/雪凛 女装美少年 前立腺レッスン
雪凛と剃毛とハメ取り
女装カリスマ美容師役w
雪凛×ひなこNHレズ
襦袢で痴女プレイ!!
"剃毛師"雪凛×水元蘭
雪凛×ましろ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
おすすめ♡