FC2ブログ

お金はトリオンみたいなモノ

歌舞伎町歩いてるといかにも定職について無い感じの人が植え込みの横とかに腰掛けてたりします。
その側を通りかかると「オネーチャン、100円貸してくれない?」とか声掛けられる事があります。

そんな時は「現金持ってないよー」とニッコリ微笑みながら通り過ぎちゃうんですけれど、最近その頻度が増えてる風味。

単純に雪凛が「お人好し顏(?)」なので舐められているだけなのかもしれませんけれど、困ったもんです(ꐦ°᷄д°᷅)ウザー

まぁ、声かけられる事についてはとりあえず置いといて、この様な方達は一般的に「お金を持ってない」と判断されるんですけれど、正確には違うんですよ。
「お金を使いこなしていない」んですね。

お金って「道具」なんですよ。
使いこなす事で新たな価値を生み出せるんです。

先の「お金を使いこなせない人」っていうのは100円を100円以上の価値にする事が出来ないんです。
むしろ100円を全く価値の無いものにしてしまう事も多々あります。

簡単に言えばギャンブルでスッたり、不必要な嗜好品に使ったり…って事です。

ギャンブルや嗜好品から生み出される価値は概ね自己満足です。
自己満足なので売れませんw

当たり前ですけど「お金を使いこなせない人」には当たり前じゃ無いみたいです。
なのでそんな方達に真面目に付き合うと損します。
単純に時間というリソースを奪われるだけで無く、仮に100円を施しのつもりで「あげた」のだとしても「一時のささやかな満足感」を得ただけで、すぐさまそれ以上の負担になって返ってきます。
平たく言うと「運気が下がります」

なぜかと言うと「道具」だからです。
道具は間違った使い方をすると不利益しか生み出しません。
道具によっては死に至る事もあるんです。
道具に殺される…
そりゃ運気も下がりますってw


話飛びますが雪凛は「ワールドトリガー」というマンガが好きです。
この作品の中では「トリオン」という人体のある器官から生み出されるパワーを使って戦ったりするんですが、この「トリオン」がただ「多いから強い」という描かれ方はされません。
トリオンが少なくても使い方と使い所を工夫する事で「持たざる者」も十分に戦える…そう言う示唆に富んでいるんです。

この「トリオン」はまんま「お金」に置き換えても通じるお話なのだと思います。

小銭を道具として使いこなせないモノが大金を手にする事は無く、仮に大金を手にしたとしても道具の使い方を知らないので道具に殺されちゃうって訳です。

怖いですね。


関連記事


予約のご相談はLINE@で!
友だち追加

英会話

DMM.make DISPLAY

プロフィール

雪凛(ゆきりん)

Author:雪凛(ゆきりん)
東京下町に生まれ育った髪結い三代目(理容師) 独自の美意識と職人意識を併せ持つ理容師であり、女形の剃毛師。 そして男性の秘めたる感覚を目覚めさせ快楽へ導く伝道師でもある。
I was born and grow up in Tokyo. I'm third-generation hairdresser who mix sense of beauty and professionalism. I'm also a shaving master for all body. I'm a preacher who leads people to the joy.

友だち追加





現在の閲覧者数:

Google Translate
雪凛出演Movie
男の娘(あのこ)に掘られたい×前立腺レッスン みはる/雪凛
前立腺レッスン 光耶/雪凛 女装美少年 前立腺レッスン 光耶/雪凛
前立腺レッスン 未月/雪凛 女装美少年 前立腺レッスン 未月
前立腺レッスン 晶/雪凛 女装美少年 前立腺レッスン
雪凛と剃毛とハメ取り

女装カリスマ美容師役w
雪凛×ひなこNHレズ
襦袢で痴女プレイ!!
"剃毛師"雪凛×水元蘭
雪凛×ましろ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
おすすめ♡